IR・SR(Shareholder Relations)総合支援、株主判明調査、議決権行使対応、コーポレート・ガバナンス

JSS 日本シェアホルダーサービス株式会社
  • サイトマップ
  • English

議決権行使対応プログラム

  • 機関投資家とのコミュニケーション強化による信頼感を醸成し、議決権行使率の向上、賛成票の最大化をサポートします。
  • 上程予定議案に関する賛否シミュレーションや、株主判明調査により特定された投資家への議決権行使促進活動、議決権行使結果分析を実施します。

Step 1 株主総会準備段階

  1. 議決権行使シミュレーション
    株主判明調査の結果と合わせて、各機関投資家の議決権行使トレンド、行使ガイドライン、議案評価会社(ISS、Glass Lewis等)利用状況等の情報をもとに、想定議案に対する議決権行使シミュレーションを実施
  2. 機関投資家の議決権行使における意思決定プロセス・キーパーソン等の特定
  3. 定時株主総会に向けたアクションプランをご提供、各種助言の実施

Step 2 招集通知発送前後

  1. 海外機関投資家に対する情報配信、フォローアップ
  2. 内外機関投資家、議案評価会社に対する議案の説明支援
  3. 海外機関投資家に対する訪問支援を始めとした株主コミュニケーション総合支援

Step 3 株主総会開催日前後

  1. 票読み
    株主の反応、機関投資家ごとの議決権行使情報に基づく行使予想
  2. 最終アクションプラン
    票読みと行使状況により判断する最適アクションのご提案
  3. 行使結果分析
    機関投資家による議案ごとの議決権行使結果の調査・分析

ページの先頭へ